剥離剤の活用事例
トピックス
安全データシートはこちら
リンク
社団法人 全国産業廃棄物連合会
→お近くの産業廃棄物処理企業を検索できます。
 ご使用済みの弊社製品を廃棄する際にご活用ください。
国土交通省
新技術情報提供システム(NETIS)
→公共事業等で活用できる新技術を検索できます。
弊社の「ネオリバー泥パック工法」 (KK-070037-VR)も登録済です。
製品サポート関連リンク集
→その他のリンクのページ。

剥離のメカニズム


剥離剤って何だろう?

不要な塗料を汚れに例えるならば、剥離剤は洗剤です。古くなったものや不要になった塗膜や樹脂を除去することができます。


剥離剤の成分は?

弊社の剥離剤ネオリバーは、溶剤等の主成分に蒸発制御剤や増粘剤、界面活性剤などの各種添加物を加えたものです。独自の技術で、用途や用法に応じて特性を調整しています。


なぜ剥がれるの?(剥離のメカニズム)

塗膜剥離のメカニズムは、次の3段階で作用します。

  • 塗装表面の濡れ
    剥離剤が塗膜表面に付着し、広がる現象を指します。
  • 剥離剤の浸透
    剥離剤が徐々に塗膜内部へと入ってゆく現象を指します。
    表面に傷が生じているなど、浸透の優先的な部分がある場合、より剥離が早くなります。
  • 塗膜と素地間の付着力の破壊による塗膜の剥離
    塗膜の種類や浸漬時間などの条件により、塗膜が軟化するように剥離する「膜状タイプ」と、溶けるように剥離する「溶解タイプ」に分かれます。

[塗膜剥離イメージ図]

塗膜剥離イメージ図